雑木の庭 と 鉄の仕事 の monologue.

薪がびっしり入るまでは、、、。

お天気に味方してもらえて、本日無事「エッジの効いた?!薪置きラック」現場施工完了!!致しましたーー。
a0132577_19274144.jpg

a0132577_2034940.jpg

このお家の外壁が「杉の焼板」なので、板の色が枯れていくのに合わせて本体フレームは、敢えて無塗装で
鉄の素地色〜錆が仕上げになるように経年変化も統一?!
(補修困難な柱&基礎のベースプレートは、耐候性鋼材を使用させて頂きました。)

同じく建物が、ガルバリウムのシルバーっぽい色の屋根なので「亜鉛鍍金仕上げの鉄板の屋根」にして統一感を出させて頂きました。
a0132577_1944091.jpg

全体のDESIGNもこの「シンプルな杉の家」のコンセプトに沿って、合理性のあるシンプルな形を求めつつ、
薪を置いた時の奥行き感と、必要強度から考えてアングル材を使用。
屋根材を、フレームから少し浮かせて取り付けることによって、線のシンプルさと
この家から感じ取れる、ある種のモダンさを表現させて頂きました。
a0132577_19481374.jpg

ただ、薪がびっしり入って完成する考えで製作したもので、、、試しに入れたささやかな量の薪では、、、
すこし完成イメージ、、し難いですが、、、。
薪が入ると塀の役割も果たせるので、楽しみです。
a0132577_19544851.jpg

門柱?も薪が収納出来る形で現在製作中ですーーー。
工房での製作が完了すれば、いよいよ本格的にお庭の施工に取り掛からせて頂きますーーー。

"noise" のホームページは、こちら http://www.noise28.com です。
Facebookは、更新頻度高めです。
こちらも https://www.facebook.com/pages/ノイズART-OF-noise/648620355148515

ご覧戴ければ幸いです。
[PR]
by noise-web | 2014-10-24 20:33 | Comments(0)