雑木の庭 と 鉄の仕事 の monologue.

雨...雨.....又......雨。

a0132577_1935515.jpg

雨....連日の雨.....お陰様で早くにご依頼頂いた "IRON FENCE" の製作が...はかどる&はかどる!?
間もなく "IRON FENCE" の工房での製作作業は、仕上げ&塗装作業を残すだけー.....なのですが....雨&雨 。
大量の "IRON FENCE" 全てを広げて....バーッと一気に塗装.....とは行きそうに無い....
そんな天候.....が続いています..... 。

雨天は勿論、



湿度のあまり高い日は...."noise" 的には、塗装作業は...×。
お施主様に愛着を持って長く使って頂きたい....そのためにどの工程も最善をつくし...自分達で創っていく...

遠い昔....某ゼネコンさんの現場.....天候、湿度、気温...ALL無視に近い状態で現場が進んでいくのを間近に見ていた記憶があります....金銭を優先すると....どうしても....そうなる...大きな組織として、企業としては当たり前...な、ことも
理解します.....でも...「誰のための家」と考えると.....「?」.... 。

殆どの場合、既製商品&パーツを組み合わせ、別注品は外注されるケースが多いこの業界の中で....

いかに「図面通りの形を職人さんに作ってもらう」....営業形態ではなく....
目指す「雰囲気」を創る為には....やはり可能な限り
「考えた人=自分達」の手を使い創る....それにつきる...ような気がします。

DESIGN はシンプルに、使う素材の質感を最大限に引き出す....こと...に労力を費やす。
巷に溢れる「模様の競い合い」の外構や庭....「?」..... 。

長く「住まう家」だからこそ「模様」を優先せず「雰囲気」.....大切だと思います。

有り難いことに "noise" にご依頼頂くお施主様は、そのあたりをよくご存じの方が多い様に感じます..... 。

一件一件この調子ですから.....売り上げを伸ばす....事 と間逆の営業形態..... 。
"noise" を立ち上げた目的....「稼ぐ」より「創る」が自分達には合っている....気がします。
[PR]
by noise-web | 2010-03-25 19:31 | Comments(0)